ゼファルリンを飲んで、ペニス成長記録を付けるわけですが、計測条件などを統一してサイズを比べないと、何の意味もありません。
ペニス成長記録『ゼファルリンと俺のペニスの成長日記』はこちら
なので、測る部分やサイズを計測するときの状態などの条件を決めました。

 

その辺りの条件を細々と書いたり、その他、計測時の勃起の維持方法、計測してみて思った事など、諸々と書いているページです。

計測時のチンコの状態は「フルフル勃起」で統一

計測する状態は「フルフル勃起」で統一しています。
※単に「フル勃起」というだけでは、誤解を生むかもしれませんので、このような表現にしています。

 

フル勃起とフルフル勃起について

世間一般で言うところの「フル勃起」は、完全にMAXの状態だけでなく、だいたいMAXぐらいの状態でも「フル勃起」と呼んでいるように思います。

ただ、ペニス成長記録を付ける上では、このような漠然とした「フル勃起」での計測ではダメで、状態を統一して計測しない事には意味がありません。
(例えば、95%勃起の状態の数値と、100%勃起の状態の数値を比較しても、意味がありません。)

ですので、本気で全力のフル勃起状態で計測を行っています。
この状態を「フルフル勃起」と呼んでいます。

 

「フルフル勃起」をもっと具体的に説明すると

「フルフル勃起」がどんなものなのか、具体的にイメージできるように、もう少し説明を加えます。
(勃起状態について、熱く語ってしまって申し訳ないです。)

ほぼMAXぐらいの状態から、さらに「フン!」と下半身に力を入れて、よりチンコが大きくなった状態、ちょっとでも気を抜くとチンコが少し萎れてしまうような状態、そうそう長くは維持できないくらい全力の状態、そんな限界まで勃起した状態の事を「フルフル勃起」と呼んでいます。

 

フルフル勃起での計測の様子を少し説明しておきます。
(なお、計測はメジャーで行っています。
 それと、チンコ計測専用のメジャーです。
 決して、他の事には使っていません。)

 

例えば、根本の太さを測る時には、あらかじめ、チンコにメジャーを巻き付けておいてから、その状態で「フン!」と下半身に力を入れてフルフル勃起状態にして、素早く測っています。
(フルフル勃起は、少しでも気を緩めると、サイズが小さくなってしまう状態で、そう長くはキープできないので、こういった測り方をする必要があります。フルフル勃起させてから、メジャーを準備してたんじゃあ、まず間に合わないです。)

 

▲目次に戻る▲

サイズを測る部分について

●長さ…チンコを水平にして、上側を根本から先まで計測
●根本…(そのままですが)根本の周囲
●先の方…カリの辺りの周囲

数値に関しては、チンコのどの部分を測るかによって、結構変わってきます。
(測る部分については、測りやすさや統一のしやすさなども考慮して決めました。)

 

なので、単純に数値を見るというよりも、サイズの変化量や変化率に注目するのがいいと思います。
(先ほどの通り、測る部分などの条件は統一してますので、変化量などは意味のある数値です。)

 

平常時のサイズの計測は無し

平常時についても、測りたいとは思ったのですが、

そもそも平常時ってどれ?

と思ったので。

 

一口に「平常時」と言っても、その意味するところが幅広いわけです。
(小さめな平常時から、大きめな平常時まであるわけです。)

それで、「平常時の大きさ」っていうのが、感覚的なものを排除しきれず、現実問題として計測条件の統一が無理だと思いました。

 

毎回の計測の条件が統一できないなら、それらの計測結果を比較する事には意味が無い事になりますので、平常時については計測しない事にしました。
(いい加減なデータにしかならないわけですから。)

 

あと、寒い日とか、縮み上がっていつも以上に小さくなったりするんで、その日の気温によって、平常時の大きさが変わってくる可能性もありますし。
(だとすると、季節によって、平常時のちんこの大きさって変わってくるのかも?)

それに、平常時のサイズを測ろうとしたら、測ってる内にその刺激でちょっと大きくなっちゃったりするんで。

 

平常時のサイズを測らない理由をさらに言えば…

サイズを計測するのって、
大体は、オナニーしようと思った時に、

前回サイズを計測した日付を見て、
そろそろ計測しようかな、って感じなので、

そもそも、その時点でチンコが平常時じゃないっていう個人的な事情もあります。
(毎回毎回オナニーしたい時ってわけじゃなく、キリが良い日とかに、別にしたいわけじゃないけど、キリが良いから測っておこうか、という時もありましたけど。)

 

▲目次に戻る▲

フルフル勃起ペニスサイズ計測の難しさと計測時に勃起をキープする僕の方法

ここでは、おそらく、特に誰も興味ないであろう、計測時の苦労話とか、計測時にフル勃起をキープするための方法の話(というか、オカズの話)など、といった話をしています。

ペニスサイズ計測の難しさと苦労話

普通のオナニーと違って、計測のためにはフルフル勃起をある程度維持しないといけないのですが、実はこれが結構大変です。
フルフル勃起についてはこちら

 

まず、既に書きましたが、フルフル勃起状態はそう長くはキープできないものです。

それなのに、計測する箇所が三つありますので、フルフル勃起にして測り、一旦普通のフル勃起状態に戻って、再びフルフル勃起にして測る、という事をしないといけません。

しかも、手早く測らないと、すぐにちょっとしおれちゃうので、その場合、またフルフル勃起させる必要があります。

 

そんなのを繰り返す必要があるので、イクのを我慢するのが大変です。
(イキそうになって止めて、またイキそうになって…、といった刺激を繰り返すので、普段のオナニーよりも射精時の快感とか、精子の量とか多かったりするんですけど。)

 

他にも、ちんこが急成長した時とか、

ホントにこんなにデカくなったのか!?
ホントに本当か!?

とか思って、何度も測ったりする事もあります。
(例えば、この時とか。)

 

計測時に勃起をキープする僕の方法(ほぼオナニーネタの話)

方法っていうか、ほぼオナニーネタの話です。

先程の通り、繰り返しフルフル勃起にしないといけないので、計測時のオナニーネタには向き不向きがあります。

結論から言うと、計測する時のネタはエロ漫画にしてました。

 

例えば、根本の太さを測る時だったら、
先にチンコの根元にメジャーを巻き付けておいて、

その状態でエロ漫画を見て、
(事前に、お気に入りのシーンのページを開いておいて。もちろん、その前に読んでおいて気分を高めておきます。)

「フン!」ってやってフル勃起させて、すぐに測るみたいな感じです。
(もたもたしてると、ちょっと萎れちゃうので。)

 

最初の計測の時には、AVなどの動画を観て計測しようと思ったんですが、
「フン!」ってやる時にお気に入りのシーンじゃないといけないわけなので、
動画だと難しいです。

モタモタしてたら、お気に入りのシーンが過ぎて、

女優さん:ハァハァ、すごい気持ち良かった。

みたいなシーンまでいってしまうわけです。
(行為を終えた後のシーンを表現したつもりです。)

 

その辺りを踏まえると、エロ漫画は最適なのです。
(なお、動画の一時停止は、なんかイマイチな感じなので却下です。)

 

ちなみに、イヤホンでエロ動画の音声(喘ぎ声など)を聴きながら、エロ漫画を見ながら測る、っていうのもやった事があるんですが、面倒なわりにそんなに効果も感じなかったので、計測に慣れてきてからは、基本的にエロ漫画のみでした。
(それに、イヤホンが邪魔ですし。)

さらにちなみにですが、僕の日頃のネタは動画の方が多いです。
(マンガをネタにするのも嫌いではないですが。)

 

ちなみに計測に使うメジャーはチンコ専用のものです

先ほども少し触れましたが、さすがに、ちんこを測るのに使ったメジャーを他の事に使うのはアレなので、計測専用のメジャーを用意しました。
(購入しようかと思ってたら、家に使ってないメジャーがあったので、それをもらいました。心配なので、ちんこに触れる部分くらいは消毒してから使ってます。)

↓どうでもいいですが、チンコ専用メジャーの画像です↓

<画像準備中(専用のメジャー)>

まあ、普通のメジャーですけど。

 

▲目次に戻る▲

計測の頻度について

最初の頃は結構高頻度に測ろうと思ってたんですが、
(初めの三日間とか、毎日測ったんですが、)

いちいち、フルフル勃起させて計測する、っていうのもなかなか大変なものですし、
計測した後どうすんだコレ、ってこともあって、
(後始末的な話です。)

週一とか、もっと少ない頻度で計測する事になりました。
(そんなに一日二日ぐらいで変わるもんでもないって分かりましたし。後から考えれば、当たり前の事っちゃ、当たり前の事なんですけど。)

 

その他チンコを計測して思ったこと諸々

●測るの結構難しい
チンコのサイズを測る事がこんなに難しい事だとは思ってなかった。
MAX勃起の維持も大変だし。
慣れてないからって事もあるかもしれないですが。

 

●チン毛が計測の邪魔
根本を測る時、チン毛がすごい邪魔。
剃ってしまおうかとかちょっと思いました。
(結局、剃りませんでしたけど。)

 

ゼファルリンを飲んだ俺のペニスの成長記録はこちら